Business

「自信がある人」の3つの特徴

 

皆さんは「自信がある人」と言われてどのような人を想像しますか?

いわゆる「成功者」と言われる人、または人から「かっこいい」「仕事ができる」と言われる人は決まって「自信」を持っています。

仕事の場面でも、恋愛などのプライベートな場面でも、自信を持っている人は高く評価されることが多いのではないでしょうか。

では、どのような人が「自信がある人」と言われるのか、その特徴を3つご紹介していきます。

1、気持ちに余裕がある

自分に自信がある人は決まって気持ちに余裕があります。それは日々の積み重ねた経験や努力により作られるものです。

そして気持ちに余裕があると自分と他人を比較しなくなります。そのため、自信のある人は他人の成功を心から喜ぶことができるのです。

逆に気持ちに余裕のない人は常に他人と自分を比較して考えるため、他人が成功すると自分の評価が落ちるように思ってしまいます。それは日々の仕事や生活でどこかやり切っていないと自覚しているため自分に自信が持てないからです。

自信のある人は自分のやるべきことをしっかり考え、周りに流されすぎずに淡々と仕事をこなします。自分の中でしっかりやっているという自負があるから気持ちに余裕ができるのです。

したがって、まずは自分のやるべきことをしっかり考えて日々行動し、着々と結果を出し続けていくことを心がけましょう。

2、常に冷静沈着である

自信のある人は常に冷静です。トラブルや不測の事態が発生しても慌てません。そんな時こそ、深呼吸して一旦冷静になることを心がけます。

逆に自信のない人は、少しの予想外の出来事で慌てます。例えば、取引先と打合せの時間に交通トラブルで遅刻することが確実になった場合、自信のある人は冷静にすぐ連絡し遅刻する旨とどのくらい遅れるか、到着予想時間を伝えます。しかし、自信のない人は遅れてしまう理由を考えるのに時間がかかり、遅れて自分の解釈で説明します。

普段からやることをやっていて自信を持っている人は事実を伝えて相手の評価を気にしません。しかし、自信のない人は相手の評価を気にして自分は悪くないことを必死にアピールします。

この場合の反応は相手方の信頼に大きく影響します。遅刻の理由を自らが余裕を持って行動しなかったせいにするか、電車が遅延したせいにするかで相手方のあなたに対する信頼度は変わってきます。

したがって、何があっても慌てず冷静に対応することを心がけましょう。

3、素直である

最後に、自信のある人は「素直」であることが多いです。相手の言動をよく理解し、自分の成長に繋げようとします。自分に自信があるからこそ、人の話や意見を素直に聞き入れることができるのでしょう。

逆に自信のない人は人の話を聞かなかったり、すぐに自分の考えで反論したりします。

上記で述べた「余裕」と「冷静」な気持ちがあれば素直に人の言うことに耳を傾けて、人から吸収し自分の成長につなげる努力をします。

まずは、人の話を素直に聞くようにしましょう。

自信のある人になり心豊かな人生を送りましょう

上で述べたように自信のある人は「余裕」「冷静」「素直」の3つのことを自然と理解し行動しています。

また、この3つのことは日々の積み重ねによって生まれてくるものでもあります。今は無理でもこれを日々意識して行動すれば将来は自信を持つ立派な人間になれると思います。ぜひ、この3つのことを理解し、実践してみてください。

-Business

Copyright© ☆未来をカタチに☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.