Business

与える人が成功するって本当??

 

本日のテーマは「与える人が成功するって本当??」についてです。

皆さんは、成功者と言われる方が書いた本などで「結局は与える人が成功する」という話を聞いたことはないですか?

見返りを求めない優しさが、最終的には信頼などの大きな成果となって帰ってくると言われることがあります。

しかし、人に与えてばっかりで本当に得をするの?

結局、自分は与えてばかりで損をしている気がする…

と、疑問を持ちませんか??

与える人が得をするという説、

そのことが本当なのかについて解説していきます。

 

人には3種類のタイプがある

まず、人のタイプが3種類あることについてお話しします。

それは与える人(ギバー)、奪う人(テイカー)、その両方を併せ持つタイプ(マッチャー)です。

それぞれ解説します。

◯与える人(ギバー)

ギバーはまず、人に与えることを前提に行動する人です。

全体の25%の人はギバーであると言われています。

◯テイカー

テイカーはまず、人から奪う(与えてもらう)ことを前提に行動する人です。

全体の20%の人はテイカーであると言われています。

◯マッチャー

マッチャーは人に与えた分、与えてもらうプラスマイナスゼロを前提に行動する人です。

全体の55%の人はマッチャーであると言われています。

以上が人の3種類のタイプです。

それでは結局、この3種類のタイプのうちどのタイプが最終的に成功するのかを解説していきます。

 

結局はどのタイプが成功するのか

まず、最初に結論を言います。

一番損をするのは人から奪う(与えてもらう)を前提に行動するテイカーです。

次に、損も得もしないのは人に与えた分、与えてもらうプラスマイナスゼロを前提に行動するマッチャーです。

そして、大きく損する可能性と大きく成功する可能性の両方を持つのがギバーです。

それでは、それぞれが損する理由、得する理由について解説します。

 

テイカーは信頼を失い長期的には成功しない

まず、テイカーについて解説します。

このテイカーは、短期的には成功すると言われています。

それは、まず与えてもらうことから始まるため最初は得をします。

しかし、一度得をする代わりにその後の信用や信頼関係の継続を得ることは難しく、最終的にはマイナスになります。

当たり前ですが、人から奪うことばかり考えていたら信頼を失いその後は与えてもらえなくなるため継続した利得は得られません。右肩下がりに信頼を失うだけでしょう。

人から与えてもらう→相手には何も与えない→与えてもらう相手を失う

この悪循環の繰り返しになりますので最終的な利得はどんどん減ります。

冒頭で解説した通り、人に与える人であるギバーは全体の25%しかおらず、残りの75%はテイカーかマッチャーですのでテイカーは長期的に利得をあるのは不可能です。

 

マッチャーは得を積み重なることができない

次にマッチャーについて解説します。

結論、マッチャーは最終的に大きく損もしないですし、大きく得もしません。

理由は一回のやりとりで完結してしますからです。

人に与える行為を行えば見返りを求めて同等の対価を受け取ることを考えるのがマッチャーです。

したがって、一度のやりとりで損得が完結しその後も同様のやりとりが続くため、結果プラスマイナスゼロとなり短期的にも長期的にも損も得もしないと考えられます。

 

ギバーは大損と成功の両方の可能性がある

最後に、ギバーについて解説します。

結論、ギバーは大きく損をする可能性と、大きく利得を得て成功する可能性の両方を兼ね備えます。

ギバーは人に与えることを前提として行動するタイプです。

成功者と言われている人たちを解説した書籍などでは

「成功者は皆ギバーである」

ということがよく言われています。

事実、見返りを求めない方が結果的には見返りが大きくなるという研究結果も多数あります。

これは良好な関係が気づければ、ギバーは人に与えて、それ以上の利得を得て、さらに人に与えて、さらにそれ以上の利得を得るという好循環を生み出し、結果大きな利得を得ることができるからです。

 

しかし、ダメなタイプのギバーもあります。

人に与えることを前提に行動するギバーの中には人に与えるのみで自ら与えられることなく、利得を得られずに失敗する人もいます。

ここで重要なのが、ダメなギバーではなく、良いギバーになるにはどうしたら良いかということです。

良いギバーの条件とは

それでは、良いギバーになるにはどうしたらよいかを解説します。

良いギバーの人には特徴がいくつかあります。

すべきこと、考えるべきことと、

してはいけないこと、気をつけるべき考え

これらをしっかり意識して行動すれば、良いギバーになり、成功に近づけるでしょう。

1、徹底的にテイカーを避ける

まず、重要なのは徹底的にテイカーを避けると言うことです。

テイカーは人から奪うことを前提に考えて与えることを考えません。

したがって、ギバーとテイカーが取引すると奪われるだけです。徹底的に避けましょう。

成功者と言われる方の特徴のひとつに「人の好き嫌いが多い」と言うことがよく言われます。

「好き嫌い」と言われると悪いことのように思われますが、成功者は自分とその周りの人を守るために付き合う相手を厳選します。

そして、成功者はテイカーを避けることが多いと言われます。

人のタイプはギバーとマッチャーが75%を締めているので、この人たちと取引や交友関係を続けていれば利得はプラスになると考えられます。

次に、テイカーの特徴をいくつかご紹介します。

・部下や店員、自分が下と思う人に横柄な態度をとる

・肩書きのある人が好きで長いものに巻かれる人

・見栄を張りブランド品や高級品をやたら好む

必ずではないですが、上記なような人はテイカーの要素が強いので避けましょう。

ギブする際には「誰に対してギブするか」をしっかり考えましょう。

2、「自己犠牲」を良しとしない

ダメなギバーの特徴として「自己犠牲ばかり」の人がいます。

この自己犠牲ばかりのギバーは最終的には与え尽くして与えるものがなくなっていきます。

一方、良いギバーは「Win-Win」の関係でギブを続けることを考えます。

相手に与えて、自分も利得を得て、さらに与えて、さらに利得を得ると言う複利投資的なサイクルが良いギバーの好循環を生みます。

ここで、自分も利得を得ることを考えるとそれはマッチャーではないか??ということが言われますが、マッチャーはひとつの取引で与える貰うを完結させるプラスマイナスゼロを考えるのに対し、良いギバーはまず、与え、別の取引で与えてもらう。または同時に双方が得をすると言う両者がプラスを考えて行動します。

自己犠牲ではなく、プラスマイナスゼロでもなく、両者がプラスとなる考えを持って与える良いギバーが最終的に最大の利得を得ます。

Google創業者が愛した「バーニングマン」とは

余談になりますが、

Google創業者であるラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンが愛したイベントに「バーニングマン」と言うものがあります。

アメリカ合衆国ネバタ州の砂漠で毎年8月第4週から9月第1週に行われるこのイベントは重要なルールがあります。

それは

「何でも自分が与え続けること」

です。

会場に集まった参加者はお金の使用が禁止されます。

ひたすら「ギブ」だけが行われます。

見返りを求めずに、ただひたすらに与え続けることって現代の社会ではなかなかできないことだと思います。

そして、このイベントの最後に最も信用を得て崇拝されるのは最も与え続けた人らしいです。

古い慣習のイベントかと思いきや、かなり未来的なイベントなのかもしれません。

Google創業者はこのイベントのために会社を休むそうです。

それだけの精神をもっていて、ギブすることの大切さを知っているからこと今のGoogleがあるのかもしれません。

最後に…

本日は「与える人が成功するって本当??」について述べさせていただきました。

結論は両者がプラスになることを考え行動する「良いギバー」が最も利得を得ることができます。

世の中にはマッチャーのタイプが55%と最も多いですが、このタイプは考え方を意識するだけで「良いギバー」に近づくことは十分に可能です。

ちなみに私は間違いなくギバータイプですが、どちらかと言うと自己犠牲が多い「悪いギバー」タイプだと思います。少しずつ考えを変えて「良いギバー」にシフトしていくことを目指します。

ぜひ、皆さんも人に与えて自分も成功することを考えて見てはいかがでしょうか。

 

-Business

Copyright© ☆未来をカタチに☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.