Money

価格ではなく価値で判断する

 

本日のテーマは「価格ではなく価値で判断する」です。

皆さんは買い物などでお金を使うとき、どのようなことを考えますか?

欲しいけど、買うべきか悩むときがありますよね。

買ったけどなんか無駄だったなぁ…なんてときもありますよね。

そんな残念なことにならないように「価値で判断する」ことの重要性を学びましょう!

そもそも価格と価値の違いって何??

皆さんは、価格と価値の違いって説明できますか?

辞書を引くと、

価格とは「物の値打ちを金額で表したもの」

価値とは「どれくらい大切か、またどれくらい役に立つかという程度」

とあります。

辞書の説明だと違いがわかりづらいですよね。

価格と価値の違いを言葉で説明するのは難しですが、ひとつ重要なポイントがあります。

それは、

価格は「誰に対しても同じ」であり、価値は「人によって違う」と言うことです。

例えば、Apple Storeで売られている「Mac Book Pro」は同じスペックであれば誰が買っても同じ価格です。

しかし、人によって「Mac Book Pro」に対する価値観は違います。

毎日PCを使う若いフリーランスのデザイナーと、

PCをほとんど使わない農家のおじいさんでは価値が大きく違います。

よって、価格は誰に対しても同じであるが、価値は人によって違うと言うことになります。

他人の価値観で生きない

次に価値について重要なポイントを言います。

それは「他人の価値観で生きない」ことです。

人は一人ひとり、価値観が違います。

当たり前だと思う人も昼でしょうが、

他人の価値観で起きている人は非常に多いです。

人間には「承認欲求」という他人から認められたい欲求があるため、

自分に必要がなくても、他人が欲しがるものを求める傾向があります。

自分の価値観をしっかり理解して、本当に自分が欲しいものを選んで購入しましょう。

時間的価値を意識する

最後に「時間的価値」についてお話します。

日本にはことわざで「時は金なり」というものがあり、

英語でも「Time is money」という言葉があります。

時間=お金ということを意識できていない人も非常に多いです。

これを意識できないと知らないうちに貧しくなっていきます。

お金という概念に時間軸をつけて考えましょう。

大根が5円安いから隣町のスーパまで買い物に行く。

これは完全に時間的価値を無視しています。

時間は唯一、すべての人に平等に与えられているものです。

大金持ちも貧しい人も、1日は24時間です。

時間はお金と同じと考えて買い物を考えると価値について意識していると言えます。

ぜひ、時間的価値について考えてみてください。

 

-Money

Copyright© ☆未来をカタチに☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.