Books Money

WHY BLOCK CHAIN

今回のテーマは書籍「WHY BLOCK CHAIN」の解説です。

ビットコイン、リップル、リブラ…

仮想通貨が話題となっている今日です。

その仮想通貨の根幹を支えている技術がこの「ブロックチェーン」です。

耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

テクノロジーが急発展している現代社会で4種の神器と言われるものがあります。

それが、「IoT」「クラウド」「AI」、

そして「ブロックチェーン」です。

このブロックチェーンについて学ぶと未来が見えてきます。

それでは早速、ブロッックチェーンについて解説します。

ブロックチェーンとは

本書では、

「ブロックチェーンの本質は、技術でなく思想にある」

と述べています。

ブロックチェーンは難しいテクノロジー技術の話ではなく、その考え方に本質があるということです。

ブロックチェーンとは、データを一定数量集めて箱に詰めてそれを並べるというものです。

データを詰めた箱が横一列に慣れべられることから「ブロックチェーン」と呼ばれます。

そして、ブロックチェーンの話をするときのキーワードとなるシステムが

①非中央集権型のシステム

②分散型台帳システム

この2つです。

細かな技術の話はなしにして、この2つを覚えてもらえれば十分です。

そして、この2つのキーワードが今までにない新しい未来を創る重要なシステムになります。

もっと簡単に2つのシステムを説明すると、

①非中央集権型のシステム = 管理者が不要である

②分散型台帳システム = データや数値の改ざんができない

ということです。

ブロックチェーンのシステムを利用すると上記2つのシステム構造が利用可能となるため革新的であると言われています。

そして、この2つのシステムを利用することにより実現したのが「仮想通貨」です。

次の章ではなぜ、仮想通貨の実現にブロックチェーンのシステムが必要なのかを解説します。

仮想通貨とブロックチェーン

近年、話題となっているビットコインやリップルなどの「仮想通貨」ですが、その根幹を支えるシステムが「ブロックチェーン」です。

まず、通貨である「お金」が、なぜモノの交換手段として成り立つかをご存知でしょうか。

それは「信頼」があるからです。

使用する人が、このお金にはそれだけの価値があると信頼しているから、交換手段として成り立ちます。

現在、通貨として経済に流通しているものは国が発行するものがほとんどです。

つまり、通貨を発行する国の信頼がそのまま、お金の信頼となります。

では、国を発行元としない仮想通貨が現実に流通しているのはなぜでしょうか。

それは「信頼」を得ているからです。

そしてその「信頼」を支えているのが「ブロックチェーン」です。

前章で述べたとおり、ブロックチェーンには、

「管理者が不要」「改ざんができない」という2つの特徴があります。

ブロックチェーンにより国という管理者が不要になり、改ざんできないシステムにより信頼を得ています。

この特徴により仮想通貨は成り立ちます。

ブロックチェーンの応用

今後の世界経済システムにブロックチェーンの技術は大きく関わってくると考えられます。

「管理者が不要」「改ざんができない」

この2つの特徴を利用して、ビジネス、政治など多くの分野でこの技術が利用されるでしょう。

例えば、

企業の在庫管理システムや販売データなど、

公共では個人情報や不動産登記簿、国民データなど、

次世代の革命的コミュニティインフラとしてあらゆる分野での利用が検討れています。

皆さんのビジネスにも関わってくる可能性があるこのブロックチェーンについてとても分かりやすく解説しているのが本書ですので、ぜひ講読をお勧めします。

-Books, Money

Copyright© ☆未来をカタチに☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.