Books Skill

GACKTの勝ち方

本日のテーマは歌手であり、実業家でもある、GACKTさんの著書「GACKTの勝ち方」についての解説です。

GACKTさんと言えば、男性ソロシンガーであり、最近ではメディアで「Mr.Perfect」と言われるほど知識、スキルをもつ方です。

年始に放送される「芸能人格付けチェック」に出演し、音楽、ワイン、食、芸術など、あらゆる分野で一流の知識があることが証明されています。

そんなGACKTさんとはどのような人物なのか、

「GACKT」と言う人物をどのように作り上げたのか、

本書にはGACKTさんが自らを「Mr.Perfect」と呼ばれるまでにブランディングした、まさに「GACKTの勝ち方」が記されています。

それでは早速解説していきます。

GACKTのプロフィール

まず、著者のGACKTさんについて公式HPよりプロフィールをご紹介します。

Profile 『GACKT』

バンド活動を経て、99年にソロ活動を開始。

これまでに、CDシングル48枚とアルバム19枚をリリース。

男性ソロアーティスト シングルTOP10獲得数は歴代1位を保持している。

アクション(日本刀、テコンドー、空手、アクロバット等)を得意とし、

Drive、スノーボード、乗馬、ポーカーなど多趣味なことでも知られる。

音楽以外にも、俳優としてハリウッド映画、日本映画、TVドラマで活躍。

声優では、映画、アニメ、ゲームにも多数出演。

「人の背中を押す事」こそ自分の使命と考え、

13年間続いている卒業式でのサプライズライブや、慈善活動にも貢献。

 

2019年7月1日、日本グロウンダイヤモンド協会のエグゼクティブオーガナイザーに就任。

自らを“表現者”と称し、ミュージシャンという枠にとらわれない多才ぶりを発揮する個性派アーティスト。

ヨーロッパ、アジア全域、アメリカに多くのファンを保有し世界中で活動を続ける。 今年ソロデビュー20周年を迎える。

実業家「GACKT」の稼ぎ方

GACKTさんについて、よく話題になるのが

「なぜGACKTはそんなにお金があるのか?」です。

GACKTさんは歌手として有名ですが、実は他にも多くの事業を手掛けている実業家でもあるのです。

不動産売買、中古携帯電話の海外輸出、アクセサリーブランドの立ち上げ、和牛の輸出など、

若い頃から、さまざまな事業を行い資産を形成しています。

また、GACKTさんは自らをブランド化することも行っています。

GACKTと言う存在をファンのメンターにするために、日々努力して自らをブランディングしています。

その方法は、学び、体づくりなどの圧倒的な努力によって行っています。

GACKTさんはテレビなどのメディアで、その知識量や、鍛え上げられた肉体を披露しています。

その影にはGACKTであるための、圧倒的な努力があります。

次章では、GACKTをブランディングするための考え方について解説していきます。

「GACKT」の考え方

GACKTさんがファンからよく言われるのが、

「僕もGACKTさんみたいになりたい」です。

そんな言葉にGACKTさんは、

「GACKTやるって、マジで大変だけど。覚悟ある?」

と言うそうです。

GACKTさんのストイックさは、半端じゃありません。

大好きなお米は20年間一切口にしておらず、

ラーメンは年に1度だけ、

毎朝のトレーニング、

尋常じゃない精神力でGACKTを作り上げています。

覚悟を決めているからこそ、ストイックに取り組むことができるそうです。

そんなGACKTさんの考え方は、他人と比較するのではなく、

こうありたいと思う「自分の理想像」を作り、

それを常に追いかけ続ける。

ここまで努力しても届かないからこそ、今日もまた努力する。

それが今のGACKTを作り上げているのです。

たった二つの違いが成功を分ける

普通の人と成功者を分けるのは、たった二つの違いだとGACKTさんは述べています。

それは、行動の順番の違いです。

普通の人は、

「知、覚、考、動」

知って、覚えて、考えて、行動する。

これは、当然のように思えます。

しかし、成功者は

「知、覚、動、考」

知って、覚えて、行動して、考える。

つまり、成功者は考えてから行動するのではなく、

行動してから、または行動しながら考えるそうです。

とにかく、すぐ行動する。

これはあらゆる自己啓発書で言われていることでもあります。

行動こそが結果を出す1番の近道なのです。

例えば、英語の勉強をするときに

単語を知って、覚えて、その後に、

「この単語で、この文法であっているか」

「こんな発音で大丈夫か」

と、考えるよりも

まずは喋ってみろ

それが英語でコミュニケーションが取れるようになる1番の方法である。

この「まず行動する」と言うことが、簡単なようでほとんどの人ができないことです。

GACKTさんはこれを

「知(とも)覚(かく)動(うご)考(こう)」

「とも・かく・うご・こう」と読み、常に意識しているそうです。

今を一生懸命生きろ

「成功」から「成幸」へ

功を成した者は多いが、幸を成した者は少ない。

GACKTさんはファンやメンターへ次のようなメッセージをプレゼントしています。

 

今を一生懸命生きろ。
素敵な明日を迎えられるように。
二度と返ってこない昨日を後悔しないように。
昨日は過去、
明日は未来、
今のオマエにとってこの瞬間は、
神から与えられた贈り物。

 

才能は平等じゃない、

どう使うかが重要である。

己の意思と行動力が必要だという、いたってシンプルな話。

終わりに…

私はGACKTさんをメンターの一人として尊敬しています。

GACKTという人物をブランディングするために行っている圧倒的な努力量。

GACKTを作り上げるという覚悟。

他人と比較するのでなく、理想の自分を追い求めるストイックな精神。

GACKTさんから学べることは多いです。

この本は、読書が苦手な方にも読みやすように工夫されています。

ぜひ、多くの人に読んでもらうことを願っています。

それでは、本日のテーマ「GACKTの勝ち方」についての解説でした。

-Books, Skill

Copyright© ☆未来をカタチに☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.