Books Business

NEWTYPE ニュータイプの時代

本日の書籍は山口周氏の「NEWTYPE ニュータイプの時代」です。

この本は変化の激しい現代社会では今までの考え方や行動規範(オールドタイプ)は通用せず、変化や進化に対応した新たな思考(ニュータイプ)をもったものが求められ、成功していくということを実例を交えて解説した本です。

この変化の激しい時代に求められる真の能力とは何なのか、どうして古い思考が通じなくなったのかを学べる一冊です。この本はまだ若くこれから社会で活躍を求める方にも、また長く社会で活動されて経験を積み成熟された方にも参考になる書籍だと思います。ぜひ講読をオススメします。

 

著者「山口 周」とは

1970年東京都生まれ。独立研究者、著作家、パブリックスピーカー。ライプニッツ代表。慶應義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科修了。

電通、ボストンコンサルティンググループ等で戦略策定、文化政策、組織開発などに従事。『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』(光文社新書)でビジネス書大賞2018準大賞、HRアワード2018最優秀賞(書籍部門)を受賞した方です。

 

この本は「変化の激しい現代社会を生き抜くための思考法」を解説したものです

私がこの本を読んで1番重要だと思ったことは「変化の激しい現代社会を生き抜くための思考法」です。現代の日本、いや世界経済は凄まじいスピードで変化が起きています。

それはテクノジーやイノベーションなどの変化が要員ですが、この変化の激しい時代では数十年前には善手とされていた思考が希薄または無意味、最悪の場合には足枷となっていることについて実例を踏まえながら詳しく、分かりやすく解説されています。

この本の素晴らしいところは今までは善手とされていた古い思考(オールドタイプ)とこれからの社会で必要とされる新しい思考(ニュータイプ)を比較しながら解説している点です。

それでは早速、本書で述べられているニュータイプの思考で私が特に重要だと思った思考をいくるか解説します。

①オールドタイプは「問題を解決する」ニュータイプは「問題を発見する」

現代社会はモノが溢れていているうえに、戦後の時代と比べて「不平、不満、不便」が少ない時代と言えます。すなわち現代の人々は純粋に生きるうえでの「問題」自体が少なくなっていているため「問題を解決する能力」に対する価値が減少しています。逆にこの問題が希薄な時代では「問題を発見する能力」の重要性が高まっています。

当たり前ですが、どんなに問題を解決する能力があっても肝心な問題自体が見出せなければ意味がありません。

したがって、この「問題を発見する能力」に長けたニュータイプが今後の社会で活躍すると著者は述べています。

②オールドタイプは「未来を予測する」ニュータイプは「未来を構想する」

2000年代初頭の日本社会は、あらゆる企業で「マーケティング」が一大ブームとなりました。これは消費者の行動を過去やデータから「未来を予測」をして、今後売れる商品を開発しようとするものでした。

この考え自体はとても理にかなっている考えである程度売れる商品の開発は可能でした。しかし、この「予測する」と言う手法には2つの問題点がありました。1つ目は「予測は外れる」すなわち、未来を正確に予測することはとても難しく限界があると言うこと。2つ目は「正解のコモディティ化」すなわち、他の企業と差別化した斬新な商品が生まれないと言うことです。

これは「未来を予測する」ことには一時的な利得はあっても大きな成長や進化は望めないことを表しています。

それに対して「未来を構想する」とは、現代社会には存在しない新たなモノを利用した豊かな未来を想像することです。Apple社が開発したiPodやiPhoneは発売前には誰もそのような商品が欲しいとは思っていませんでした。と言うよりは誰も想像できなかったのです。

しかし、Apple創業者のスティーブ・ジョブズはこんなモノがあったらいいな。人々はこんなモノを求めているのではないかと言う「未来を構想して」商品を開発していました。ちなみにApple社は日本企業が大好きな「市場調査」を行いません。市場調査から派生するマーケティングにはイノベーションを起こす要素はないと考えているからです。

Apple社がスマートフォンである「iPhone」を発売して以降、携帯電話端末で世界の中心にいた日本企業は尽く撤退を余儀なくされました。

このように現代の社会で求められるのは「未来を予測する」オールドタイプではなく「未来を構想する」ニュータイプではないかと著者は述べています。

③オールドタイプは「役に立つ」ニュータイプは「意味がある」モノをつくる

企業が商品を開発する際に何を考えるか皆さまは分かりますか?

日本の企業はモノづくりに長けていると言われていますがそれは商品の品質や精度のことをいいます。しかし、過去に日本から発売した商品の中でイノベーションを起こすほどの商品はそれほど生まれていません。

商品が売れるためには、この値段なら買う価値がある「価格<価値」という式に当てはまる必要があるとされています。しかし昨今の日本の企業はこの式でいう「価値」を上げるのではなく「価格」を下げることで商品を売ろうとします。それは価値を上げることはとても難しく、逆に「価格」を下げることは簡単であるからです。

日本が得意なもの作りの分野でも特に自動車産業は優秀だと言われています。しかし、日本車は「役に立つ」が「意味がない」という分野に属していると考えられます。なおここでいう「役に立つ」とは「実用性がある」また「意味がある」とは「価値がある」に置き換えて考えてください。

日本車メーカーの主要商品は価格帯が100万円から300万円車です。これらの車は「役に立つ」が「意味がない」という枠に入るものであると考えられます。次に海外の自動車メーカーで有名なベンツやBMWが販売する車の価格帯は500万円から1000万円です。これは「役に立つ」し「意味がある」という分野に属します。最後にスーパーカーと言われるフェラーリやランボルギーニの主な価格帯は2000万円以上です。

これは「役に立たない」が「意味がる」ものです。スーパーカーは2人乗りで荷物も多く乗せられないため実用性という部分では実用性がない(役に立たない)がその車に乗る、所有しているというステータスで意味(価値)があると言えるのではないでしょうか。

これはどちらの考え方が正しいということではなく、モノが溢れた現代では役に立つモノは各企業間の競争が激しく徐々に利益を生み出しにくくなるが意味があるモノを開発すればまだ競争相手の少ない分野で多くの利得を獲得できるということです。

したがって、今後イノベーションを起こすような商品を開発するのは「役に立つ」モノをつくるオールドタイプではなく、「意味がる」モノをつくるニュータイプなのではないでしょうか。

終わりに…

本書では上記で述べたこと以外にもオールドタイプとニュータイプの違いを紹介しています。

そして本書はこれから社会に出る学生にとって新時代の考え方を指南する内容であるとともに、現代の社会で中枢を担うベテラン社会人の方へ新たな時代に対応する思考をアドバイスする内容になっています。

ぜひ多くの方に講読をオススメしたい本です。

-Books, Business

Copyright© ☆未来をカタチに☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.